English | ショッピングカート確認 | ご注文方法 | 送料・配送について | ログイン・マイページ | お問い合わせ | サイトマップ | 会社概要 | 採用情報
 

検索のヒント:サーバ本体のみを検索する場合「○○(機器の名称など) 本体」と入力するとサーバ本体のみを検索結果に表示する事が出来ます。
よく探されるキーワード:セット商品 CPU DL360 G7 富士通 SDRAM DL360p Gen8 Cisco 1812J NS-50 富士通 RX200 ML110 G5 DL380p Gen8

リユースサーバ リフレッシュバッテリー

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote


  • ■リフレッシュバッテリー(セル交換品)とは

    データライブの提案:リユースという考え方をバッテリーにも

    ジャンクショップやオークションで取引されている中古バッテリーは古いセルのままの状態ですが、 データライブが販売するリフレッシュバッテリーはセルを新品にして再生されたものです。

    これまで中古業界では、RAIDコントローラバッテリーについては「消耗品」として扱っており、バッテリーを保証したり、あるいは販売したりしている中古業者はありませんでした。 データライブでも「EOSL保守サービス」を展開する上で、バッテリー交換を依頼されるケースが 多く、バッテリー寿命問題に対し、当社ならではの視点で解決ができないものか、と検討を続けてきました。 バッテリーに関しても「リユース(中古再生)」ができないかと考えてきたのです。

    このたび、当社の考え方に共感いただいたパートナーさまから協力を得ることにより、 リフレッシュバッテリーの販売が可能となりました。 まずは、取扱量の多いHP・DELL製品対応のリフレッシュバッテリーから販売を開始します。

    ■リフレッシュバッテリーのメリット

    消耗劣化するセルのみ交換

    劣化しにくく継続利用が可能な「ケース」や「回路基板」はそのまま利用し、消耗劣化するセル部分のみ交換を行うことで、 新品に比較してリーズナブルな価格でご提供することができます。 また、「まだ十分使える部分なのに、劣化したセルと一緒に捨ててしまう」という無駄をなくせるので、 資源の有効活用にもつながります。

    ※セル…バッテリーに内蔵されている一本一本の電池のこと。セルの集合体をバッテリーパックと呼ぶ。

    ■セル交換の流れ

    リフレッシュバッテリー:セル交換の流れ

    ■リフレッシュバッテリーの性能について

    • ■リフレッシュバッテリーは、バッテリーパックの中のセル(電池)を新品と交換するものです。ケース内の電子回路基板は純正品をそのまま再利用しています。

    • ■Liイオン電池の安全性に関する日本国内における法規制は、小型、民生用のものとしては、Liイオン単セル及び電池パックについて電気用品安全法(PSE)の技術適合義務が要求されており、技術基準としては、JIS C 8714が指定されています。また、USAの安全規格では、UL1642が制定されています。

    • ■弊社にて使用するLiイオンセルは、三洋製のセルを使用しており、上記PSE、ULの規格に適合しています。

    • ■リフレッシュ作業は、弊社パートナーのリチウムイオン電池等の専門業者の手によって行われています。バッテリー、保護回路の構造から作動原理まで把握したプロですのでご安心ください。


    ≪粗悪な類似品にご注意ください≫
    このリフレッシュバッテリーのコンセプトを真似し、安価で粗悪な他国製のバッテリーを販売している業者も出てきています。信頼できる国内バッテリー専門会社によるものではない製品には、以下の危険性があり、最悪事故につながることもありますのでどうぞご注意ください。

    ■粗悪品の危険性
    • ・駆動時間が短い
    • ・動作不良が生じる可能性が高い
    • ・発火事故・本体故障の危険性がある(リチウムイオン電池関連の事故報告が実際に多くあります)

    ■保証について

    6か月保証  弊社他パーツと同様、6ヶ月間の保証が付属しています。→ リユースサーバ 品質・保証

    ■リフレッシュバッテリー ラインナップ


    ページトップへ